logo

オウケイウェイヴ、ドキュメント共有サイト「docune(ドキュン)」で広告付き資料の配布を可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オウケイウェイヴは1月11日、ドキュメント共有サイト「docune(ドキュン)」にて、「投稿型広告パッケージ」を発売した。

 docuneは、Excelで作成した図表や、PowerPointで作成したプレゼンテーション資料などを投稿して公開し、みんなで共有できるドキュメント共有サイト。投稿には、無料の会員登録が必要となる。

 このたび発売となった投稿型広告パッケージは、docuneトップページに、誘導バナー広告を掲載。投稿ファイルの内容を示した「タグ」をトップページの「カテゴリー」内に、誘導バナー掲載の期間常時掲載し、投稿したファイル最終ページに、バナー広告を掲載する。

 利用されることを前提とした投稿ファイルとともに、広告宣伝ができるため、ブランディングとプロモーションを同時に行うことが可能。投稿される広告つきのファイルが、確実にカテゴリー化されるため、ユーザへの着目が高まるとしている。

 また、投稿ファイルをダウンロードしたユーザが、広告つきのファイルをプリントアウトすることで、ユーザへの直接リーチが可能となる。さらに、投稿ページ自体が、主要検索エンジンにインデックス化されるため、検索エンジン経由のユーザへのリーチも可能になるとしている。なお、ファイルの投稿回数は無制限となっている。

 オウケイウェイヴでは、投稿型広告パッケージの導入例として、食材をあつかう企業が、レシピのファイルを投稿し、食材の認知と売り上げアップを図るほか、飲食店の場合、店舗の紹介に加えて、クーポンを添付するといった用途を想定している。

-PR-企画特集