logo

WANTEDオークションで海賊版を販売した男性を逮捕--ACCS著作権侵害事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月9日、海賊版販売者が逮捕された著作権侵害事件を公表した。この事件は、インターネットオークションサイト「WANTEDオークション」を悪用し、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた愛知県蒲郡市に住む50歳の会社員男性を兵庫県尼崎東署が1月8日に著作権法違反の疑いで逮捕したというもの。

 この男性は、平成19年10月10日ごろ、オートデスクインクが著作権を有する「AutoCAD 2008」を無断で複製したDVD-R1枚を、兵庫県の男性に対し5000円で販売したほか、他1社のソフトウェアを無断で複製・販売していた。

 また男性は、WANTEDオークションに海賊版を出品し、その他販売可能なCADソフトの一覧も列記していた。さらに「リストあります」としてフリーメールのアドレスも明記し、問い合わせがあると55の海賊版ソフトタイトルを記載したメールを送信し、海賊版の購入者を募っていた。

 警察の調べによると、男性は生活費を稼ぐため海賊版を販売していたことを供述しており、海賊版を作成するための「マスター」ソフトを入手するため、インターネットオークションを通じて海賊版ソフトを購入していたほか、ファイル交換ソフトを通じてもソフトを入手していたという。

 逮捕の端緒は、尼崎東署の署員がサイバーパトロールで男性の出品を発見し、ACCSを通じて著作権者であるオートデスクインクに連絡したことだという。

-PR-企画特集