パイオニア、ハイエンドオーディオの復活へ、第1弾はモノラルアンプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは1月7日、ハイエンドオーディオ機器の製造・販売を本格的に再開すると発表した。07年10月1日に設立した100%出資子会社「テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ」を中心に、ハイエンドオーディオ製品を開発・販売に取り組んでいく。

 新会社では、おもに音響機器などの企画・開発・設計・製造・販売や、賃貸、音響機器などの国内販売代理業務などを行っていく。また、プロフェショナル用スピーカー・ユニット「TAD(Technical Audio Devices)」のアンプやプレーヤーを順次発売する予定。

 第1弾として、モノラルアンプを開発し、米ラスベガスで開催中の国際家電見本市「2008 インターナショナルCES」で参考出品する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加