logo

GMO-HS、脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は1月7日、同社のホスティングブランド「アイル」において、SBTコンサルティング(SBTC)との提携により、ウェブアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」の提供を開始した。

 ホームページセキュリティー診断は、SBTCの診断システムを用いて、顧客のウェブアプリケーションの脆弱性をインターネット経由で診断するサービス。アイルの専用サーバーサービスのオプションとして提供する。

 複数の専門的資格をもったセキュリティコンサルティング専任のエンジニアが、最新の情報・技術を駆使して、数千におよぶ診断項目を診断し、発見した脆弱性の内容からリスクとその対処(修正)方法までを報告する。ASP方式で提供するため、顧客側での煩雑なインストール作業や、ハードウェアおよびソフトウェアの購入なしに利用できる。利用料金は1回3万1500円。

 また、GMO-HSでは、顧客にウェブアプリケーションリスクをいち早く認識してもらうため、脆弱性の有無のみを無料で診断する同サービスの体験版を提供するとしている。

-PR-企画特集