logo

人気のデジタル写真立てが演出する新しいデジカメ写真の楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルカメラで山ほど写真は撮ったけれど、さてそれをどうしよう? PCで見ておしまいではもったいないし、かといってプリントするのは金がかかって面倒……。そこで今、脚光を浴びているのが「デジタルフォトフレーム」、いわば「デジタルな写真立て」だ。家電量販店でも専用のコーナーを設置するなどして、販売に力を入れている。人気の理由や、主だった機能や製品などをみながら、新しいデジカメ写真の楽しみ方も紹介しよう。

●「1つあれば何枚も楽しめるから便利」――デジタル写真立て人気の理由

 デジカメで撮った写真を楽しむ方法はいくつかある。「PCのモニタに表示して」「DPE店や家庭のプリンタでプリントして」「ホームページやブログに公開して」といったところが主流ではないだろうか。とはいえ、何十枚、何百枚もの写真をプリントすると、整理や保管が大変だ。プリント代も少なからず負担になる。PCのモニタで見たり、ホームページに公開したりするには、そもそもPCが必要だし、それもかなり面倒。

 そのため、プリントせず、いちいちPCも使わずに、SDカードやCFカードなどの記録メディアから直接、デジタル写真を大きく美しく表示して鑑賞したい、というニーズが広がっているようだ。そこで活躍するのが、「デジタルフォトフレーム」「デジタルイメージフレーム」と呼ばれている「電子写真立て」。

 「デジタルフォトフレーム」はその名のとおり、デジタル写真を表示するための額縁。従来の写真立てのプリントした写真を入れる部分が、液晶画面に置き換わったと考えればいい。そこにデジタル写真を表示して鑑賞する、という仕組みだ。JPEG形式の写真データが入った記録メディアを直接入れれば、画像が表示される、という手軽さが特徴。机上で立てて使用することも、壁掛けで使用することもできる。

【写真と記事詳細はこちら】

-PR-企画特集