ドラマ不振でテレビ局サイトの利用時間は前月比7%減--ネットレイティングスの利用動向調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは12月19日、2007年11月のインターネット利用動向調査 結果を発表した。

 調査によると、11月の在京および在阪の主要テレビ局である日本放送協会(NHK)、日本テレビ放送網(日本テレビ)、東京放送(TBS)、フジテレビジョン(フジテレビ)、テレビ朝日、テレビ東京、よみうりテレビ放送(よみうりテレビ)、毎日放送、関西テレビ放送、朝日放送、テレビ大阪の11サイトの総利用時間は、秋の連続ドラマの視聴率不振が影響し、前月比7%減の1.85億分で、3カ月連続の減少となった。

 一方、You Tubeは8.97億分、ニコニコ動画は7.49分とそれぞれ単独で主要テレビ局11サイトの総利用時間を上回る結果となっている。

 また、テレビ局の年間総利用時間ランキングは1位がNHK(8.42億分)で11局の総合計(28.6億分)の約3割を占め、他局を圧倒した。2位はフジテレビ(5.87億分)、3位はTBS(4.75億分)、4位は日本テレビ(3.43億分)、5位はテレビ朝日(2.34億分)となっている。

 同社の代表取締役社長兼チーフアナリストの荻原雅之氏は「テレビ局サイトは現在、ニュースなどを除き番組宣伝コンテンツが中心。しかし、NHKが今後計画している過去の番組のネット配信や、民放で人気を集めているネット独自の映像コンテンツなど、近い将来、多くのネットユーザーがテレビ局サイト上で動画を視聴する 習慣が一般化すると思われる」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加