logo

プリンタ買うなら複合機? 主流のA4インクジェット機で7割を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インクジェットプリンタの主流は最大印刷サイズがA4の製品。その中で複合機の割合が高まっている。1台でプリンタ、スキャナ、コピー機としても利用できる「複合機」のシェアは、この11月で74.5%を記録。今や個人やSOHO向けプリンタの中心的な存在になった。そこで、年末商戦序盤の11月の売れ筋動向を「BCNランキング」でまとめた。

●7割突破でますます高まる複合機の存在感

 最大印刷サイズA4の製品が約9割を占めるインクジェットプリンタ。その中での複合機の割合は、04年の42.1%から05年が54.8%、06年が 67.5%と、年を追うごとに広がっている。07年1月-11月までの累計では、単機能機が27.5%、複合機が72.5%という状況。10月上旬からキヤノンやエプソンを始めとする主要プリンタメーカーが冬商戦向けの新製品を投入したが、その後の11月では74.5%と、複合機の比率はさらに拡大した。

【図と記事詳細はこちら】

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]