動画共有サイト、利用者数1位は「YouTube」--ただし利用時間では「ニコ動」が1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは12月15日、動画共有サイトの視聴率ランキングを発表 した。

 発表によると、利用者数の1位は米国の「YouTube(1455万1000人)」で、ほかのサービスを圧 倒、2位の「ニコニコ動画(386万人)」を1000万人以上引き離した。次いで3位はフランスの「Dailymotion(132万8000人)」、4位は「アメーバビジョン(107万9000人)」、5位は「Yahoo!ビデオキャスト(97万6000人)」、6位は米国の「veoh(94万9000人)」、7位は「mixi動画(75万4000人)」、8位は韓国の「Pandora.TV(61万8000人)」、9位は「Flip Clip(36万3000人)」、10位は米国の「Live Video(36万3000人)」と続く。

 一方、1人あたりの利用時間では1位がニコニコ動画(2時間50分10秒)となっており、2位のYouTube(1時間6分53秒)より1時間以上長くなっている。次いで3位はPandora.TV(29分33秒)、4位はveoh(23分13秒)、5位はLive Video(12分0秒)と続き、利用者数の順位と差異が見られる。

 さらに、1人当たりの利用頻度については、1位がニコニコ動画(8.09回)、2位がYouTube(5.43回)、3位がveoh(3.55回)となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加