logo

ケンウッド、薄型コンパクトのUSB端子搭載CD/MD対応オーディオシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンウッド(塩畑一男社長)は、薄型コンパクトでインテリア性を高めたUSB端子搭載ホームオーディオシステム「CLK-7i-S」と「CLK-5i- S/W」を12月上旬に発売する。価格はともにオープンで、実勢価格は「CLK-7i-S」が5万円前後、「CLK-5i-S/W」が4万円前後の見込み。

 置き場所を選ばない奥行き18cmの薄型コンパクト設計を採用。スピーカー部は本体から取り外せるため、最適なリスニングポジションに設置できる。CD、MDはスロットインタイプの挿入口となっており、ディスクの出し入れがスムーズに行える。

 本体前面部にはヘアライン仕上げのアルミパネルや、アルミに白の光沢塗装を施したパネルを採用するなど、デザイン性や素材・質感にもこだわった。シンプルな外観を損なわないよう、各種の接続端子は本体スタンド脚部のシーリングドアの中に配置した。

 本体前面にUSB端子を搭載し、マスストレージクラスに対応した携帯オーディオやUSBメモリと接続することで、収録された楽曲を同機のスピーカーを通して高音質で楽しむことが可能。別売りの専用ケーブル「PNC-150」や、iPod専用ケーブル「PNC-iP120」を使って同機と接続することで、同機の本体やリモコンを使って「再生/一時停止」「スキップアップ/ダウン」などの操作が行えるほか、iPodの充電も可能。

 CDプレーヤーは、音楽CDのほか、MP3やWMAの音楽ファイルを記録したCD-R/-RWディスクの再生にも対応。フォルダ選択やファイルのタグ情報表示にも対応し、圧縮音源による音楽ライブラリも楽しめる。

 カラーはUSB/CD/MD対応の「CLK-7i-S」がシルバーのみ、USB/CD対応の「CLK-5i-S/W」がシルバーとホワイトの2色。本体サイズはともに幅210×高さ227.5×奥行き180mm。重さは「CLK-7i-S」が2.6kg、「CLK-5i-S/W」が2.2kg。スピーカーは、ともに1本につき幅148.3×高さ190.6×奥行き127.6mm、重さは1.2kg。

-PR-企画特集