logo

[レビュー]青白く光るバックライト--サイバーなゲーミングキーボード「Microsoft Reclusa Game Keyboard」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフト
Reclusa Game Keyboard
内容:Razer社との共同開発によって生まれたゲー厶用キーボード「Microsoft Reclusa Game Keyboard」。金メッキUSBハブを2つ内蔵するほか、青く光るバックライト機能を装備するなど、デザイン面でも特徴のあるキーボードだ。

ゲームよりもアプリケーションのショートカットとして有効か

  • 背面の左右角に2カ所USBポートを完備している。新たな周辺機器など拡張する場合に便利だ

 実際にゲームにつなげて操作してみた。まずは必要なキーをカスタマイズする。いくつかのゲームごとに設定できるようなので、その都度変える必要がないのは面倒がなくていい。いくつかのキーを設定したうえで、いくつかのオンラインゲーム(FPS)をプレイしてみた。確かに便利になってような気がするのだが、これがないとプレイできないというほどの印象はない。普通にショートカットキーを使ってもたいして差がないように感じる。というか、基本的にマウスで操作することがメインなので、ホットキーを使う機会が意外と少ないと新たな発見をしたくらいだ。

  • キーボードはUSBで接続する。USBポートと同様に金メッキされている

 サイトによっては、マクロの登録を禁止しているところもある(最悪の場合アカウント剥奪も)と聞くので、そういった面も調べておかないとせっかく購入しても無駄になる可能性もある。

 高機能ゲーム向けキーボードといううたい文句にはなっているが、高機能を求めるヘビーユーザーには、自分独自の操作形態に慣れているため、逆に必要がないかもしれない。それよりもオンラインゲームのリアルタイム性に慣れていない初心者の方が使い勝手がいいだろう。また、ゲームに特化しなくても、ジョグダイヤルやホットキーにアプリケーション起動を振り分けることができるので、そういった使い方の方が意外と便利なのかもしれない。

  • ドライバーをインストールすると、キーカスタマイズの設定ができる。マクロ以外にもアプリケーションの起動にも使える

 キーボードの買い替えを考えている人にはオススメできる。値段も手頃なうえ、サイバーチックなバックライトとデザイン性、ホットキーによるアプリケーションの振り分けを便利と感じるならそれだけで十分お買い得だ。

  • ジョグダイヤルは右と左にそれぞれコマンドを割り当てることができる

  • 回すだけで、連続でコマンドが発生する

  • キーボードの両端にホットキーとバンパーキーを配置

  • 左側はともかく、マウス操作する右側は使いにくい面も

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]