「初音ミク」がクリエイターたちを結びつける--コラボレーションSNS「ピアプロ」

永井美智子(編集部)2007年12月03日 21時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イラストが描ける人、作詞作曲ができる人、それぞれの才能が集まることで、新しいコンテンツが生まれる――そんな協業の場を「初音ミク」の開発元、クリプトン・フューチャー・メディアが用意した。「様々な分野のクリエイターが力を発揮する機会を提供することで、ピアプロダクションを加速し、CGMカルチャーを育てていきたい」と同社は狙いを語る。

 クリプトンは12月3日、クリエイターのためのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「ピアプロ」のベータ版を公開した。自分で作曲した楽曲やイラストを投稿したり、ほかのクリエイターが投稿した素材を使って新たな作品を作ったりできる。ただしコンテンツの複製、頒布は非営利目的、かつクリエイターが指定したライセンスの下で行われる。

ピアプロ ピアプロには早速多くの楽曲やイラストが集まっている

 3日時点で投稿できるコンテンツは、クリプトンのキャラクター・ボーカル・シリーズ「初音ミク」などのキャラクターに限る。クリプトンではキャラクター・ボーカル・シリーズの画像素材をモチーフとした二次創作物について、営利目的ではない範囲で自ら制作した場合は、配布等の制限をしていない(ただしゲーム作品を含むプログラム、立体物、衣装は除く)。

 ニコニコ動画などでは複数のクリエイターによる作品の組み合わせにより人気コンテンツが生まれており、こういった現象を加速したい考えのようだ。

 投稿できる楽曲の形式はMP3、イラストの形式はJPEG、GIF、PNGとなる。クリエイターは投稿時に、作品の改変を許可するか、また原作者名を明記するかどうかを選べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加