logo

Last.fm、Ning向けのOpenSocialアプリケーションをリリース

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年11月19日 16時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが11月に入ってから発表したOpenSocialプラットフォームは、これを実装するサードパーティーパートナーのリリースが数カ月後となることから、宣伝活動の要素が強いものだったかもしれない。

 その代わり、OpenSocial関連の発表が少しずつ出てきている。その1つがソーシャル音楽サイトのLast.fmだ。Last.fmは、企業や個人ユーザーが特定のソーシャルネットワークを作成できるNing向けにOpenSocialウィジェットを作成した。Ningによると、すでに12万3000以上のNingベースのソーシャルネットワークが立ち上がっているという。

 Ningでネットワークを立ち上げた人、Ningネットワークのメンバーは、Last.fmの音楽アプリケーションをNingページにインストールできる。これを利用して、自分が聴いたアーティストのランキング、最近聴いた楽曲、再生リスト、推薦する楽曲を視聴できるプレーヤーなどを表示できる。

 Last.fmは2007年、CBS Interactiveにより買収されている。Last.fmは今後、BeboMySpaceFriendsterなどそのほかのOpenSocial参加SNS向けにウィジェットをリリースすることを計画している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集