KDDI研究所とメディアキャスト、ワンセグ対応H.264エンコーダを共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI研究所(秋葉重幸代表取締役所長)とメディアキャスト(杉本孝浩社長)は11月9日、ワンセグ放送規格に準拠したH.264ソフトウェアエンコーダを共同で開発したと発表した。

 KDDI 研究所所有の高速・高画質圧縮エンジンを搭載したライブラリ「MP-Factory Ver.5」をベースに、KDDI研究所によるワンセグ向け符号化での主観画質の最適化、メディアキャストのARIB規格に関する豊富な経験とH.264 エンコーディング技術、さらにTS関連技術を融合させて開発した、ARIB規格準拠のワンセグ対応のH.264ソフトウェアエンコーダ。

 KDDI研究所では今回の共同開発成果をベースに、リアルタイムエンコーダやさらに高品質化の研究開発を進め、成果の市場投入を図る。またメディアキャストでは、ワンセグ放送に不可欠なデータ放送技術を付加したコンテンツ制作環境の提供を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加