広告とマーケティング業界、ブログの広告投資を重視へ--米調査

文:Stefanie Olsen(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年11月08日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--ブロガーの将来はかなり明るいようだ。

 ニューメディア専門のシンクタンクであるSociety for New Communications Research(SNCR)によると、今後5年間、広告およびマーケティング企業の多くは、新聞や雑誌などの既存メディアに広告出稿するよりも、ブログやポッドキャストなどのオンラインメディアである「カンバセーショナルメディア」に多くを投資する見込みだという。

 SNCRの設立者兼上級ディレクターであるJen McClure氏は米国時間11月7日、当地で開催された第1回目の「BlogWorld」にて、「大手と中小、どちらのエージェンシーからも話を聞いた」と述べる。

 McClure氏によると、SNCRのリサーチグループは先ごろ、カンバセーショナルメディアにおける広告やマーケティングに関する計画について、約260社のエージェンシーを対象に調査を行ったという。それによると、現在、エージェンシーの多くがカンバセーショナルメディアに費やす予算を「全体の2.5%」としたが、2012年にはこの比率を既存メディアよりも多くする計画という。

 ブログの追跡・検索サイトであるTechnoratiによると、現時点でウェブには1億1000万のブログがあり、毎日12万の新しいブログが生まれており、毎日150万の新しいエントリがあるという。これらのうち、3分の1が英語、3分の1が日本語、残りはそれ以外のさまざまな言語という。この1年でブログの成長は減速したが、ブログの重要性と注目度は既存メディア、企業、起業家の間で増加しているとMcClure氏は言う。

 McClure氏は、SNCRでは、ニューメディアで優秀なものを表彰する賞を開催していると述べた。SNCRによると、2007年の参加者の間では、ブログに新たな展開が見られるという。

 「ブログは今日、ポッドキャストやビデオ、FacebookアプリケーションやSecond Lifeを取り扱うなど、より動的なことをする方向に向かっている。こうした種類のサイトは単なるブログに比べてより効果的である」(McClure氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加