三洋、ボイスレコーダー「ICR-PS390RM」は8Gバイトメモリ内蔵で世界最長録音を実現

エースラッシュ2007年11月06日 21時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は11月6日、世界最長の1000時間超録音を実現したデジタルボイスレコーダー「ICR-PS390RM」を11月下旬より発売すると発表した。

ICR-PS390RM 三洋電機「ICR-PS390RM」

 今回発売されるICR-PS390RMは、デジタルボイスレコーダー「DIPLY TALK」シリーズの最新モデルだ。厚さ約13mm、重量約49gのスリムボディに8Gバイトの大容量メモリを内蔵しており、MP3モノラル(LP)形式で世界最長となる約1116時間の録音を可能にしている。

 録音形式はMP3およびリニアPCMで、音楽録音にも対応する高音質を実現。集音性が約3倍に向上した新開発の大口径高感度マイクは、机上録音時にマイク部をチルトアップして反響音やノイズを低減、集音性を高める効果もある。また、録音感度調整は自動とマニュアルの切り替えが可能になっており、マニュアル選択時には録音レベルメーターとPEAKランプを使い、31段階のきめ細かな調整を行うことができる。

 8Gバイトの内蔵メモリは、4Gバイトずつ一般領域とセキュリティ領域に分け、暗証番号を設定することもできる。これにより、録音データの再生制限やパソコンからの閲覧防止、さらにはセキュリティ機能付きUSBメモリとしての使い方も可能だ。

 また、誤操作により消去してしまったデータを復活できる新機能「ごみ箱機能」、PCM、MP3、WMA、DRM10-WMAに対応した音楽プレーヤー機能、早聞きや遅聞きなど各種便利機能を搭載している。

 なお、価格はオープン価格で、当初月産台数については3000台を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加