シーエー・モバイルとアクロディア、撮影写真を携帯電話のメニューアイコンに変えられるサービス

松田真理(マイカ)2007年11月06日 22時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーエー・モバイルとアクロディアは11月6日、携帯電話の待ち受け画面やメニューがカスタマイズできるアクロディアの技術「VIVID UI」を活用し、コンテンツをサーバ側でリアルタイムに自動生成するVIVID UIジェネレータを共同展開すると発表した。

 両社は、シーエー・モバイルが運営するi-mode向けきせかえツールサービス「unimo(ユニモ)」で「きせかえデザインStudio」を開始する。きせかえデザインStudioは、ユーザーが撮影した写真を添付して送信すると、写真入りの待ち受け画面、メニュー画面、電話発着信画像、メール送受信画像がきせかえツールとしてダウンロードできるサービス。

 今後は、電池や電波の表示、待ち受け画面、メニュー画面などの各種テンプレートを順次追加する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加