DACとクックパッド、ウェブと折込・交通広告のクロスメディア型商品を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は10月31日、クックパッドと共同でウェブサイトと折込広告、交通広告を連動させたクロスメディア型広告商品を販売開始した。

 クックパッドは月間280万人が利用する料理情報サイト。DACはクックパッドにおいて広告主が開催するレシピコンテストを交通広告、折込広告を連動させて盛り上げながら、同時に商品広告キャンペーンを展開する。

 広告主企業は、まずクックパッドにおいて広告対象商品に応じたレシピコンテストなどのタイアップを実施する。広告対象商品が酒類であれば「簡単おつまみレシピコンテスト」、RV車であれば「アウトドアクッキングレシピコンテスト」などとなる。

 これと同時に、主に通勤・通学者に対して訴求力を持つ電車中吊り広告、主婦を中心とした女性の注目率・閲覧率が高い折込広告にてコンテスト開催告知と広告対象商品のPRを行う。これにより、タイアップへの興味・関心を喚起してサイトへのアクセスを促進するとともに、広告対象商品への注目度を高める狙いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加