クーポン利用者の半数以上がリピート客に--条件検索の充実が顧客をつなぐ鍵となるか

文:Work-Life調査団 構成:ソフィア2007年10月29日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のテーマは「飲食店およびクーポンの利用に関するアンケート」。

 グルメ情報がインターネットやテレビ、雑誌、フリーペーパー等数々のメディアから発信されているが、その活用状況やクーポン利用の意向について調査した。

 今回の調査は10月18日〜10月22日で行い、全国の20歳以上〜49歳以下の男女1,083人(男50.6%、女49.4%)から回答を得た。

 「どのような媒体を使って、お店探しをするか。」と聞いたところ、「インターネット<パソコン>」60.8%が最も多く、次いで「通りかかってなど、実際に足を運んで」59.5%、「家族・友人の話」51.3%が続いた。「フリーペーパー」は48.7%、「インターネット<携帯電話>」は14.0%にとどまった。また、年代別に見ると、「インターネット<携帯電話>」を選んだ人が30歳代・40歳代では1割程度であるが、20歳代では2割以上おり、携帯電話の活用の違いが現れた。

図1.飲食店探しの媒体 飲食店探しの媒体(n=1083)

 パソコン・携帯電話・フリーペーパーを利用する理由を聞いたところ、パソコンと携帯電話は「条件にあったお店を見つけることが可能である」がそれぞれ87.8%、63.8%、フリーペーパーは「割引・特典が受けられるクーポンがついてくる」83.3%、が最も多い結果となった。条件に合った情報をいかに効率よく見つけることができるか、情報量の増加に伴い今後も「条件検索の充実」が期待されることが予測される。

図2.媒体別の利用理由 媒体別の利用理由

 「クーポンを利用したお店に、再度行ったことがあるか」と聞いたところ、「再度行った」と答えた人が53.8%と半数以上いた。また、「その後は行っていないが、機会があれば行こうと思う」と答えた人も45.1%おり、初回のクーポン利用の後も、リピート客になっていることがうかがえる。

 一方、クーポンを利用しない人に「利用しない理由」を聞いたところ「特に理由はない」が34.3%と最も多かったものの、「あまりお得な内容がないから」27.1%、「お店にクーポン提示するのが面倒・恥ずかしいから」25.7%といった理由が上位3つにあげられており、特典の内容や利用方法などがクーポン利用の阻害要因になっていることがうかがえる。

図3.クーポンを利用したお店のその後の利用 クーポンを利用したお店のその後の利用(n=712)

 クーポンのサービス内容のうち、魅力と感じられているのは、男女ともに「飲食代が割引になる」がもっとも多かった。また「記念日等に、無料でケーキを用意してくれる」(男性38.1%女性56.5%)、「お花やお土産など、プレゼントを無料で用意してくれる」(男性27.0%女性42.1%)といったサービスは、男性に比べて女性からの方が人気が高いという結果が出た。

 クーポンを利用して来店した後も5割以上がリピート客となっている結果から、インターネットやフリーペーパーは、クーポン提供を機にリピート客づくりにも影響を与えていることが示唆される。今後は情報量の増加に伴い、「条件にあった情報の提供」が重要な鍵になるかもしれない。

図4.あったらいいと思うクーポン内容 あったらいいと思うクーポン内容(n=1083)

 gooリサーチでは、「自動車」「家電」「住宅」「旅行」「IT」など、さまざまな業界に関する消費者動向について自主調査を行なっております。

 インターネットリサーチのノウハウを活かした500件以上の調査データを無料で提供しておりますので、市場のトレンド把握やマーケティングの基礎データとしてお役立てください。

 その他のインターネット調査をご検討の方はお気軽にお問合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加