logo

ザクの眼が光る充電器--ソフトバンク、シャア専用ケータイ「913SH G TYPE-CHAR」発売

永井美智子(編集部)2007年10月22日 13時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガンダムを愛してやまない貴方に朗報だ。ついに携帯電話も「シャア専用機」になる。

913SH G TYPE-CHAR
913SH G TYPE-CHAR シャア専用機「913SH G TYPE-CHAR」の充電台(上)とそれを開いた様子(下)。携帯電話の待ちうけ画面がモノアイとなり、眼が光っているように見える。(C)創通・サンライズ

 ソフトバンクモバイルは2007年秋冬モデル「913SH G TYPE-CHAR」を発売する。アニメで使われた効果音や有名なセリフがプリインストールされているほか、充電台が「ザク」の形になっており、充電中に眼が光るなど、ガンダムの世界観を再現したモデルになっている。

 メインメニューのほか、壁紙、絵文字、着メロなどがシャア関連のものとして内蔵されている。

 913SHは春夏モデルとしてすでに販売されており、機能は913SHも変わらない。ただし、ボタンのデザインがジオン軍のマークになっているなど専用のシャアデザインとなっている。また、本体色にはシャアのシンボルカラー「C.A.Red」を採用した。

 充電台はバンダイ製のガンダムプラモデルの12分の1サイズで、モビルスーツ「MS-06Sシャア専用ザクII」をモチーフとしたもの。ちょうど人間の頭程度の大きさとなる。制作はバンダイホビー事業部が担当した。組み立て式だが接着剤や工具は不要で、プラモデルと同じ感覚で作れる。

 発売時期は12月上旬以降。価格はオープンだが、「24カ月の割賦購入の場合、1カ月あたりの支払い額が913SHより1000円程度上乗せされる」とソフトバンクモバイルでは説明している。ソフトバンクモバイルのオンラインショップでは913SHが7万8720円、24カ月払いの場合は月額3280円となっていることから、913SH G TYPE-CHARは約10万円、24カ月払いの場合は月額4000円強となるものとみられる。 専用サイトにて順次開発状況などが公開される予定だ。

-PR-企画特集