デル、液晶モニタにHDCP対応のワイドモデル2機種を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは10月18日、デジタルハイエンドのワイド液晶モニタのラインアップに、高画質とコストパフォーマンスを兼ね備えた22インチワイド「2208WFP」と、19インチワイド「1908WFP」の2機種を追加したと発表した。

 2208WFPおよび1908WFPは、色再現性92%のDell True Color液晶パネルを採用し、1000:1の高コントラスト比による鮮やかな表示や、応答速度5msによるスピーディな動画の再現など、デジタルハイエンドモデルとしての高い性能を備えた。

 2208WFPは1680×1050ピクセル、1908WFPは1440×900ピクセルの高解像度とワイド画面により、複数のアプリケーションを同時に表示でき、作業効率を大幅に向上させる。

 また、HDCP対応DVIとUSB2.0ポート×4を備え、Blu-rayフォーマットなどの著作権保護された次世代ディスクの表示や、マルチメディア用途の利用も可能だ。

 上下の高さ調節機能やピボット機能、左右45度のスイーベル機能、前方4度、後方21度のチルト機能により、どんな環境でも見やすい操作性を備えている。

 価格は、2208WFPが5万8800円。1908WFPが4万8800円。同社のオンラインストアにて、同日より販売を開始する。

2208WFP デル「2208WFP」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加