logo

だから僕らは、経営者の道を選んだ(学生起業家討論:後編)

佐俣アンリ、文:田中誠2007年10月12日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上場が目標ですか?

佐俣:太田君の場合は社員を取った時点で、その会社でずっとやっていく決意表明をしてると思うんですが、他の人はどうなんだろう。ずっと今の会社でやっていきたいと思ってるのかな。

西嶋:私は自分の会社でずっとやっていきたいと思ってます。

伊藤:僕も同じですね。

佐俣氏 慶應義塾大学5年生の佐俣アンリ氏

佐俣:洋洋さんは院生ですよね。どうなんですか、そのあたりは。

喜洋洋:僕もずっとやっていきたいと思ってます。院生になったのは学校の施設などが使えるからで…。

佐俣:なるほど。伊藤君は明らかに上場させていこうというタイプですよね。

伊藤:自分たちがやっているサービスは絶対良いと思っているので、だから早くやってやろうと思ってます。

佐俣:会社を早く社会へ出すための上場ですね。太田君は上場を考えてますか?

太田:選択肢にはありますが、それが重要なファクターにはなってません。今、会社としてそれを目指しているわけではないです。

佐俣:今までの学生起業家というのはかなり上場を意識していたと思うんですが、ネットバブル崩壊やライブドアショックを経て、世間が「上場」を口にする若い世代のベンチャーに対して拒否反応を示しているように思えるし、「上場を目標にしている」と言ってもなかなかメディアにも響かないようになってきたと思うんです。ましてや、上場審査が厳しくなってきていて、アイディア上場などはできなくなっている。そんな状況で、今の学生起業家たちは何をモチベーションにしてるのかは興味あるんです。やっぱり事業を大きくしたいというのはあるのかな。

西嶋氏 モバキッズ代表取締役の西嶋悠加乃氏

西嶋:私はもちろんあります。ただ、IPOに関しては、それが自分の会社にどれだけのメリットがあって、どれだけのデメリットがあるのかをまだ判断できない状態ですね。

 IT企業というのは何かやろうとすることがあって、そのために上場をしてお金などを得るというのが理想だと思うんです。もちろん、上場をすれば知名度が上がって、企業間の取引もしやすくなって、人も集まってくるし、お金も集めやすくなるのは分かっているんですが、それが現時点でウチの会社に必要かどうかは判断できていません。

佐俣:上場でないとすると、今は何を目標にしてるの?

西嶋:ウチの会社自体は携帯を使って世の中にワクワクを発信したいというコンセプト、ビジョンがあるので、会社としての目標はそこですね。

佐俣:洋洋さんの場合は世界に向けて、という目標があるんですよね?

喜氏 ランゲート代表取締役の喜洋洋氏

喜洋洋:そうですね。今のエッセンスを世界中に広めたいというモチベーションが一番高いです。

佐俣:しかも日本から世界を変えるぞ、というより、言語の壁を越えて国と国とをつなげて行こうという感じ。

喜洋洋:はい。最初はベトナムに会社を作ろうという話があって、その後には香港で会社登記しようかという話もあったくらいですから。

佐俣:逆に伊藤君は社名が示すとおり日本からですよね。

伊藤氏 BeGood Japan代表取締役CEOの伊藤吾多氏

伊藤:“日本から”というより、“日本を”ですね。日本を良くしようという意味を込めて「BeGood Japan 」にしました。

 ウチが大事にしてるのはコミュニケーション能力で、ルームシェアをしてるとみんな相手の目を見て話すようになるんですよ。メールやチャットがうまい人は多いですが、そういう能力が全体的に欠けてきていると思うんですよね。

 ですから強制ではないですが、日本の不動産市場にそういう選択肢をきちんと作りたいと思ってます。それが良いものである自信はあるので、あと6年で上場するプランを立ててます。

佐俣:そう思うと、世界に通用するサービスを提供するみたいな明確な目標がなくても、起業をして運営していくモチベーションは十分にあるってことなんだよね。

伊藤:企業を引っ張っていくものって、僕は理念と熱い想いと数字だと思うんです。熱い思いだけではダメですが、理念や数字も伴っていれば大丈夫だと思いますよ。

太田氏 オーシャナイズ取締役の太田英基氏

太田:僕個人としては、日本一になりたいとか、世界を席巻したいとかいう気持ちはなくて、やりたいことができればいいと思っているんです。もちろん、それは僕だけではなく、ウチのメンバー全員がやりたいことをやれる組織を作りたいという意味ですけど。

 会社全体の「不可能を可能にする」「たくさんの笑顔を創造する」という軸は守った上で、その中でみんながやりたいことをやれたらいいと思ってます。

 ただ、指標がないと確かにモチベーションは上がらないので、そのために会社で打ち出しているのが、創業10年後に都会の真ん中に海を作るというものです。社名のオーシャナイズにかけているんですが、具体的にはサッカーチームのスポンサーになって、ユニフォームなどをすべて青にしてスタジアムを海にしようということですね。メンバーの多くがサッカー経験者なので、そういう指標を立ててます。

-PR-企画特集