logo

NTTドコモ、韓国向けベンチャーファンドへの共同出資に合意

松田真理(マイカ)2007年10月11日 00時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモと韓国の移動通信事業者「KT Freetel Co., Ltd.(KTF)」は10月10日、「KTBnetwork Co., Ltd.」を投資運用会社とするファンド「KTF- DoCoMo Mobile Investment Limited Partnership」に共同で出資することを発表した。韓国のモバイルIT関連分野のベンチャー企業を投資対象とする。

 これは、ドコモとKTF間で設立した事業技術協力委員会における共同事業の一環になる。この出資により、ドコモは韓国のモバイルIT関連分野ベンチャー企業への投資を通じて利益を見込むと共に、同分野での技術やサービスを両社へ取り込むことを目指す。また、有力企業との協業の可能性を追求する予定だ。

 なお、このファンドに対し、NTTドコモおよびKTFは、それぞれ135億ウォン(約17億円)を出資。11月より、韓国国内のベンチャー企業向けの投資活動を開始する。

-PR-企画特集