logo

D2Cほか4社、「iタウンページ」でドコモコイン活用のペイパーコールサービスを提供

松田真理(マイカ)2007年10月01日 20時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーツー コミュニケーションズ、NTT番号情報、オプト、コムスクエアの4社は10月1日、「iタウンページ」上でのドコモコインを活用したペイパーコールサービスを共同で開始する。

 ペイパーコールサービスとは、企業へ専用の電話番号を付与し、ユーザーからの電話による問い合わせや資料請求などの件数に応じて広告費が発生するシステム。ユーザーに利用料金を還元するドコモコインの特性や、ワンプッシュで電話発信が可能な「Phone to」機能など、iモードサイトでの提供に親和性が深いことから、iモード公式サイトで提供される運びになった。

 これにより、iタウンページ上にドコモコインがもらえる特集コーナーを設置。広告主は、同コーナー内の広告スペースで、自社サービスの訴求ができる。ユーザーは、広告主が展開するキャンペーンに参加することで、ドコモコインが付与される。4社は「広告主、ユーザーの双方にとってメリットになる」としている。

 ドコモコインは1コイン=1円分として月々のドコモ利用料金に使えるポイントサービス。9月14日より事前登録やコイン口座開設が不要になっている。

-PR-企画特集