logo

ソニースタイル・ジャパン、Rollyのユーザー共有サイトをオープン

加納恵(編集部)2007年09月28日 19時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニースタイル・ジャパンは9月28日より、サウンドエンターテインメントプレーヤー「Rolly SEP-10BT」のユーザー共有サイト「“Rolly”モーションパーク」をオープンした。

 Rollyは1Gバイトのフラッシュメモリを搭載したデジタルプレーヤーで、本体を直接触ることで曲選択やボリューム調整が行える直感的操作が特徴の製品だ。

Rolly サウンドエンターテインメントプレーヤー「Rolly SEP-10BT」

 もう1つの大きな特徴が、音楽に合わせて動く「モーション」機能となる。モーションには大きく分けて3つのレベルがあり、1つがRolly自体が楽曲の特徴を読み取り自ら動きをつける「セルフモーション」、もう1つが独自の音解析、ビート解析技術から、同梱のモーションアプリケーション「Motion Editor」がモーションを付ける「おまかせオートモーション」、さらにユーザーがオリジナルのモーションを作成できる「カスタムモーション」だ。

 “Rolly”モーションパークでは、ユーザーが作成した「カスタムモーション」ファイルを、ユーザー同士で共有できることを目的としており、モーションファイルを公開できるほか、無償でダウンロードも可能。

 アフィリエイト・プログラムに対応しているため、自分が公開したモーションファイルに合致した楽曲が、“Rolly”モーションパークサイトの「曲購入」ボタンを通じて購入された場合、購入金額に応じて、ソニーポイントで4%の還元を受けることができる。

 サウンドエンターテインメントプレーヤー Rollyのレビュー記事はこちら

-PR-企画特集