生活者の嗜好や状況に合わせ携帯端末に情報配信--DNPとパルアルト研究所が共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP)と米国・カリフォルニア州のパロアルト研究所は9月27日、 生活者の状況に合わせて、最適なタイミングで適切な情報を配信する携帯端末向け情 報推薦システムを共同で開発したと発表した。

 新たに開発したシステムは、生活者があらかじめ携帯端末に必要なアプリケー ションをインストールし、自分の嗜好を登録すると、GPSによる位置情報や時間など の情報を基に食べる、買う、見るなどの行動から確率が高いものを独自のアルゴリズ ムで予測、最適な情報を選択して携帯端末に配信するもの。推薦情報は、生活者の嗜 好に合った順番で携帯端末上に一覧表示されるほか、店舗やイベント会場などの位置 を地図上に表示することもできる。さらに、行動や時間、場所を選択すると、条件に 合った情報の閲覧もできるという。

 2008年初旬より実証実験を予定、2009年の事業化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加