ドコモ、PC向けパケット定額プランを発表--上限1万500円、動画閲覧は不可

永井美智子(編集部)2007年09月13日 16時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月13日、PC接続向けパケット定額プラン「定額データプランHIGH-SPEED」と「定額データプラン64K」を10月22日より提供すると発表した。ISP料金が別途必要なため、個人ユーザーの場合は月額5040円から1万1340円の2段階定額で使い放題となる。

 カード型端末などをPCに接続する用途が対象。下り最大3.6MbpsのHSDPA通信が可能な「定額データプランHIGH-SPEED」と、PHSサービスの事業終了に伴い「@FreeD」を利用しているユーザーの代替サービスとして提供する、通信速度が最大64Kbpsの「定額データプラン64K」の2つの定額料金プランがある。

 定額データプランHIGH-SPEEDは2段階の定額制をとる。1カ月間の利用量が50万パケットまでは月額4200円、50万パケット以上100万パケット未満は4200円に加えて1パケットあたり0.0126円の従量課金となり、100万パケット以上はどんなに利用しても月額1万500円となる。

 ただし、利用できるのはメールの送受信やテキスト、静止画のウェブサイトの閲覧などに限られており、FTPによるファイル転送や、ストリーミング動画サービスなどは利用できない。これはドコモの回線に過剰な負荷がかかり、ほかのユーザーへのサービスに影響が出るのを避けるためだという。

 また、定額対応アクセスポイントへ接続するためには、専用のISPサービスとして月額840円の「mopera U U定額HIGH−SPEEDプラン」、法人の場合は月額630円の「ビジネスmoperaインターネット(HIGH-SPEED)」を契約する必要がある。

 定額データプラン64Kは月額4200円で使い放題となる。ただし定額対応のアクセスポイントへ接続するために、月額525円の「mopera U U定額64Kプラン」 もしくは同300円の「ビジネスmoperaインターネット(64K)」を契約する必要がある。

 10月22日から2008年1月31日までは、キャンペーン期間として「定額データプランHIGH-SPEED」の上限料金を4200円とする。

 今回のサービスはファミリー割引、オフィス割引などの基本使用料割引、無料通信分の共有は適用対象外となる

 対応機種は-SPEED、M2501 HIGH-SPEED、N904i、P903iX HIGH-SPEED、F903iX HIGH-SPEED、N902iX HIGH-SPEED、F1100、HT1100、L704iと、HIGH-SPEED対応通信モジュールを内蔵したソニー製のVAIO「type S」、「type T」、富士通製の「FMV-BIBLO LOOX T70XNX」、「FMV-BIBLO LOOX U50XNX」。ただし、今回のプランはデータ通信専用で、音声端末として契約している機種をPCに接続する場合は対象外となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加