logo

夏モデルが追い風となり、3G端末が好調--7月の携帯電話・PHS国内出荷

松田真理(マイカ)2007年09月12日 22時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2007年7月度の移動電話(携帯電話、およびPHS)国内出荷実績を発表した。発表によれば、7月度の移動電話国内出荷台数は534万8000台となり、前年同月比54.6%増と、2カ月連続で500万台を超えた。

 このうち携帯電話は510万8000台で、前年同月比54.9%増と3カ月連続のプラスとなった。このうち第3世代(3G)端末以上は505万1000台で、前年同月比67.8%増と伸長した。これについてJEITAでは「防水対応、ワンセグ対応機などの夏モデルが追い風となった」と分析する。また、第2世代(2G)は10カ月連続で10万台を下回った。

 7月度に出荷した携帯電話に占めるワンセグ搭載率は36.6%。統計開始からの累計では、1177万5000台と、1100万台を超えた。一方、PHSは24万台で、前年同月比47.3%増とプラスとなった。

-PR-企画特集