logo

マスターカード、ロンドンで非接触型カードの決済サービスを開始

文:Gemma Simpson(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年09月06日 14時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国で、MasterCardの非接触型カードのサービスが始まった。

 サービスが開始されたのはMasterCard PayPassとMaestro PayPassで、代金が10ポンド未満の場合、クレジットカードまたはデビットカードを対応端末にかざすだけで支払いができる。

 対応端末はカナリーウォーフなどロンドンの一部地域から設置し、2007年以降、他地域の参加加盟店にも広げる計画だ。

 London UndergroundのOysterカード同様、支払い情報はPayPassカードから無線を介して店頭の端末に送られ、MasterCardのネットワークで精算される。

 このいわゆる「タップ&ゴー」支払い機能は、MasterCardのすべてのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードとMaestroデビットカードに搭載可能。ほかに、HSBC GroupとThe Royal Bank of Scotlandも、この技術の導入を決めている。本計画への参加加盟店は、Books Etc、Coffee Republic、Eat、McDonald's、Science Museumなど。

 英国の銀行業界団体Apacsは、2008年末までに英国内で発行される非接触型カードは500万枚、取り扱い小売り業者は10万を超えると予測している。

 MasterCardの依頼によってYouGovが調査した結果によると、英国の消費者のおよそ3分の1が現金を持ち歩きたくない理由として盗難(34%)と紛失(33%)を挙げた。

 しかし、「釣り銭がない」「紙幣を崩したくない」ために新聞・菓子・軽食などの日常的買い物を「しばしば」または「頻繁に」断念していると回答したのは6人に1人にすぎなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集