logo

エプソン、「頭が回る」DVDプレーヤー一体型プロジェクターなど家庭用3機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソン(花岡清二社長)は9月4日、家庭向けプロジェクター「dr eamio(ドリーミオ)」で、DVDプレーヤー一体型の「EMP-TWD10」「EMP-DM1」 と、フルHDパネルを搭載する「EMP-TW2000」の計3機種を、9月19日から順次発 売すると発表した。価格はオープン。また、製品のイメージキャラクターとし て長澤まさみさんを起用した。

 DVDプレーヤー一体型の「EMP-TWD10」「EMP-DM1」では、スライド式レンズ カバーを採用。レンズへのホコリの付着を防ぐほか、視聴中に投写を一時的に 遮断することもできる。USB端子を搭載し、USBメモリやカードリーダーと接続 すれば、写真のスライドショーやMP3形式の音楽再生も楽しめる。2機種ともに 80型スクリーンを同梱するセットモデルも販売する。

 「EMP-TWD10」は、ユーザーの前方・後方どちらに本体を設置しても、スピー カーとDVDスロット部がユーザー側に向くよう、本体上部のレンズ部が180度回 転する仕組みを採用したのが特徴。スピーカーの右・左も回転と連動して自動 で入れ替わり、自然な音場で視聴できる。なお、90度の位置で横に投影するこ とはできない。

 1280×720画素のハイビジョン液晶パネルを搭載し、HDMI端子を1つ装備する ので、HDD-DVDレコーダーやゲーム機とつないで高画質の映像を楽しめる。輝 度は1200ルーメン。2つのスピーカーだけで迫力ある5.1chサラウンドが実現す る「ドルビーバーチャルスピーカー」モードも備え、高音質も追求した。音声 出力は10W×2。

 サイズは従来モデル「EMP-TWD3」より体積比約80%と小型化。幅330×奥行 き260×高さ174mm、重さは約6.9kgに収めた。実勢価格はプロジェクター単体 が15万円前後、立ち上げ式のスクリーンをセットにした「EMP-TWD10S」が16万 円前後の見込み。

 「EMP-DM1」は、DVDプレーヤー一体型ながら持ち運びができる取っ手付きの モバイルプロジェクター。リモコンやケーブルなどを収めるポケット付きの収 納ケースを付属する。854×480画素の液晶パネルを搭載、輝度は1000ルーメン。 音声出力は8W×2。

 サイズは従来モデル「EMP-TWD3」よりも、体積比/重量比ともに約50%とコ ンパクトになり、幅320×奥行き230×高さ127mm、重さは約3.8kg。実勢価格は、 プロジェクター単体が9万円台半ば、スタンド付きのスプリングローラー式ス クリーンをセットにした「EMP-DM1S」が9万円台後半の見込み。オプションの 「天井投写キット」をレンズの前に取り付ければ、天井に映像を映して寝転が りながら視聴することもできる。キットの税別価格は2000円。なお、発売記念 キャンペーンとして、「EMP-DM1」「EMP-DM1S」の初回出荷合計2000台限定で オプションの「天井投写キット」を同梱する。

 フルHD投影が可能な「EMP-TW2000」は、1920×1080画素のフルHD液晶パネル を採用した上位モデル。黒の再現性を高める位相補償技術「DEEP BLACK」を新 たに搭載し、液晶パネルからの光漏れを防ぐことで、50000:1の高コントラス トを実現したのが特徴。動画色空間の国際標準規格「xvYCC」に準拠する「x.v. Color」に対応し、映像本来の色を忠実に再現する。

 このほか、映画のフィルムと同じ毎秒24コマで表示する「2-2プルダウン」 機能や、「赤・緑・青」に加え「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー) 」の計6色で色相、彩度、明度を調節できる「6軸カラー調整」も備える。輝度 は1600ルーメン。HDMI端子は2つ。サイズは幅406×奥行き310×高さ124mm、重 さは約5.6kgで、実勢価格は35万円前後の見込み。

 また、「dreamio」のイメージキャラクターに長澤まさみさんを起用。テレ ビCM「ヨーイ、ドン!」編を9月16日から放映する。同社のプリンタ「カラリ オ」でもイメージキャラクターとして活躍する長澤まさみさんを登場させるこ とで、気軽さ・親しみやすさをアピールする狙い。新製品のテーマを「どこで もドーン! なんでもドーン!」とし、誰でも簡単に超大画面で映像を楽しめ る生活スタイルを提案する。

 06年の海外・国内を含めた同社のプロジェクター出荷台数実績は、ビジネス 向けが9割、家庭向けが1割(同社調べ)で、一般消費者への普及はまだまだ。 セイコーエプソンは「(接続が簡単などの)使い勝手のよさと具体的な使い方 のシーンを提案する」(羽片忠明・セイコーエプソン 島内事業所 映像機器事 業部事業部長)ことで、消費者に対するプロジェクターの認知度を高めていく 考え。3モデルで1年間に3万台の販売を目指す。

-PR-企画特集