logo

家で眠っているレコードやカセットの音源をデジタル化してiPodへ--「デジ造音楽版」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンストンテクノロジーは8月24日、レコードやカセット、MDなどの音源をPCに取り込み、MP3やWAVといったデジタルフォーマットに変換するオーディオキャプチャーユニット「デジ造 音楽版(PCA-ACU)」を発売すると発表した。

 フォーマットの変換には、デジ造 音楽版(PCA-ACU)とパソコンを接続し、付属の音声編集ソフト「Pod Sound Ripper(ポッド サウンド リッパー) LE版」をインストールする。その後、レコードプレーヤーやラジカセ、MDプレーヤーなどのオーディオ機器とパソコンを、RCA端子または3.5mmステレオミニプラグで接続する。パソコン側はUSBポートに接続するため、パソコン内のノイズの影響を受けにくく、高音質データへの変換が可能だと説明する。

 また、iTunesライブラリへの追加も自動で行えるため、録音した音楽データをiPodで視聴するといったことも容易できる。また、ラジオなどを予約録音できる「録音スケジュール機能」も搭載した。

 発売予定は8月下旬。価格はオープンとなっており、実売予想価格は2980円。

「デジ造 音楽版(PCA-ACU)」 「デジ造 音楽版(PCA-ACU)」

-PR-企画特集