logo

Asianux、GINUX・・・韓国のLinux事情 - (page 2)

佐々木 朋美2007年08月20日 15時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AsianuxやGINUXが政府機関に使われるのは、韓国産のソフトウェアを使う方針を盛り込んだ政策があるからだ。そのため公共機関からの需要は高いが、製品的にはRed Hatが優れていると、Red Hatは自信を持つ。実際、Linuxにおいては開発者コミュニティの活動がことさら重要ではあるが、これらを積極的に支援し、活動が活発なRed Hat側に対し、コミュニティ活動状況が低調なAsianuxやGINUXは、性能や完成度に対する問題を指摘されることもある。

 利用者不足も問題だ。これはとくにデスクトップ用にいえる。MicrosoftWindowsが市場をほぼ掌握している韓国。Vistaリリース時にActive X問題で頭を痛めた経験は記憶に新しい。しかし一般のユーザーからしてみれば、未知のOSを使うのには抵抗があり、使い慣れたWindowsがよほど安心感があるのだろう。

 こうした状況を変えるため郵政事業本部では、全国の郵便局内にあるインターネット利用ゾーン「インターネットプラザ」に設置されているPC全3253台を、2009年までLinux OSに替える計画を進行中だ。郵政事業本部では「第2の“Active X事件”が発生しないよう努力している」とアピールする。Linuxを体感できる機会を、大々的かつ一斉に提供できるのは政府ならではだ。

 2007年6月にはHaansoftが「Asianux Desktop」をリリースしている。下半期にはワープロや表計算など、韓国では馴染み深い同社製生産性ソフトのAsianux版を発表する予定であるという。

 AsianuxやGINUXが成功を収めるには何より、Linuxに目を向けさせ利用者を増やすことが必要だ。そのため現在、政府や企業は積極的にユーザーに歩み寄ろうとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]