logo

Office 2.0カンファレンスでもらえる究極の景品

文:Rafe Needleman(Webware.com) 翻訳校正:菊地千枝子2007年08月10日 17時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年の「 Office 2.0 Conference」(CNETもスポンサーを務めた)では、出席者は入場料に「iPod Nano」が含まれていることを知って大喜びした。これは巧みにカンファレンスのスケジュールに組み込まれていた。

 今年、主催者のIsmael Ghalimi氏は予算を引き上げた。カンファレンス出席者は全員、「iPhone」を入手できるというのだ。

画像の説明

  iPhoneはこのカンファレンスにおいて、ウェブベースのグループコラボレーション実験で一役買うことになる(われわれが以前述べたとおり、iPhoneはウェブウェアのためのハードウェアだ)と、Ghalimi氏は同氏のウェブサイト上で説明している。さらに出席者のためにiPhoneを発注し、出荷する手配にはWeb 2.0製品やサービスが活用される。それ自体がウェブウェア実験の役割を果たすことになるのだ。

 それではここで計算してみよう:早めに購入したチケットは995ドルだ。iPhoneの価格は499ドルか599ドルである(出席者は追加料金を支払うことで高価な8Gバイトバージョンを選択することができる)。するとこのカンファレンスは比較的お買い得といえる。入場料を会社経費で落とすことができるならなおさらだ。その場合、品物を上司には見られないようにしよう。上司はその電話が会社の所有物だと言い出すかもしれない。

 ジャーナリスト、ブロガー、その他無料で入場できる人々は、iPhoneはもらえない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集