logo

AIBOの“ココロ”が大きく進化! 限定色ハニーブラウンのAIBOも登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
ERS-7M3
内容:1999年にセンセーショナルに登場したエンターテインメントロボット「AIBO」。今もなお着々と進化を遂げており、今回、AIBOの頭脳ともいえる専用ソフトが「AIBOマインド3」へとバージョンアップした。

 コミュニケーション機能が大きく向上し、コミュニケーションする状況や性格によって話す言葉が多彩に変化する。

 たとえば「ただいま」と話しかけると「おかえりなさい」と答えてくれるほか、「疲れたよ」と愚痴をこぼせば「疲れたの?だいじょうぶ?」などと癒しの言葉もかけてくれる。自宅でAIBOが待っていると思うと、家に帰るのもより楽しくなりそうだ。また、オーナーが「どうしたの?」とAIBOに聞くと、「ぼんやりしているの」などと話したり、時にはAIBOが独り言を言ったりする。およそ1000フレーズぐらいを持っており、AIBOが話す言葉は、育てる課程で決まる“性格”によって異なるという。

 言葉を使ったコミュニケーションのほかにも、AIBOが写真を撮影して日記を付けてくれる機能や、AIBOが見ている物や音の状態をPCに映し出す「マインドスコープ」機能が付いた。  日記は、AIBOが気が向くと日記用に周辺を撮影し、一言文章を付けるというもの。例えば、オーナーの顔を撮影し、「この顔がオーナーさんだね。これからよろしくね」といった日記を残してくれる。気が向くと、写真にらくがきをすることもあるという。書いた日記は無線LANで送信し、オーナーPCの専用プレイヤー「AIBOエンターテインメントプレイヤー」から見ることができる。AIBOの日記に対してオーナーがコメントを付けることもでき、それらの内容をBlogにアップすることもできる。Blogのアップはカンタンで、あらかじめ設定しておけばプレイヤー上の「Upload」ボタンを押すだけで記事の作成が可能だ。なお、Blogはグループ会社が運営する「So-net blog」を推奨している。

 また、「AIBOエンターテインメントプレイヤー」はRSSにも対応。RSS配信されるニュースやブログ記事をAIBOが読み上げてくれる機能が加わった。「AIBOニュースを読んで」と話かけると、どのジャンルを読み上げるか聞いてくれる。「オッケー!ニュースを読みます」と読み上げる風景はかなり斬新だ。データは無線LANでAIBOに送信する。なお、ニュースのほかにも、あらかじめ入力しておいたオーナースケジュールなども読み上げてくれる。

 「AIBOマインド3」は、2003年に登場したAIBO「ERS-7」シリーズに対応しており、「AIBOマインド」からのアップグレードが11,550円、「AIBOマインド2」からのアップグレードは10,500円となっている。

 期間限定の新色筐体「ハニーブラウン」も登場した。メタリックなブラウンのボディに、耳としっぽはベージュと黒、茶のマーブルだ。脚はAIBO初のツートンカラーで、ライトブラウンとツメの部分がブラウン。なんだかより“犬”らしい雰囲気に近づいたように見える。ソニースタイルによれば、温かみのあるハードをつくりたかったこと、ユーザーから動物のような色が欲しいというリクエストが多かったことから、今回の限定色が誕生したという。

 なお、本体そのものの機能としては従来の「ERS-7M2」と同等で、新たな専用ソフト「AIBOマインド3」とメモリースティック(128MB)、AIBOエンターテインメントプレイヤーVer2.0 CD-ROMが付属する。価格は194,250円(税込・送料別)。販売は9月29日〜12月12日まで。台数限定はないため、この間にあったオーダーであれば受け付けるという。9月29日よりソニースタイルにて先行予約を開始するほか、大阪ソニースタイルストアでは29日から先行販売も開始。即日購入することができる。配送の場合は10月8日到着予定。

ハウス(ドックステーション)に帰るAIBOの映像

帰り着くと、「やったね!充電が終わったらステーションから降りるね♪」と一言 (クリックすると動画を再生します

フォトレポート

AIBOが日記をつけてくれる。オプションでBlog設定をすることができ、ボタンひとつでBlogアップロードも可能 (クリックすると拡大できます
AIBOの視点のできごとをPCで見ることができる (クリックすると拡大できます
自力でステーションに行き来できる (クリックすると拡大できます
オーナーを認識してくれる (クリックすると拡大できます
なでると喜ぶAIBO (クリックすると拡大できます
ほねをくわえて喜ぶAIBO (クリックすると拡大できます
「AIBO踊って!」と話しかけると踊ってくれる (クリックすると拡大できます

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集