HTC、3G対応SIMロックフリーのスマートフォン2機種を9月に日本市場に投入

エースラッシュ2007年07月18日 20時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTC Nipponは7月18日、SIMロックフリーのスマートフォン2機種を9月以降に日本市場へ投入すると発表した。

 日本市場への投入が発表されたのは「HTC X7501」と「HTC P3600」の2機種だ。いずれも無線LANとBluetoothによる通信機能を搭載していることに加えて、3GおよびGSMをサポートしたSIMスロットを装備。このスロットは、対応SIMカードを発行するどの事業者のカードも取り付けられるSIMロックフリー端末となっているため、国内だけでなく海外で現地事業者のカードを取り付けて利用することも可能だ。

 HTC X7501は、OSにWindows Mobile 6 Professional Edition 日本語版を採用したノートPC型の端末だ。QWERTYキーボードを搭載しており、重量は約350g、サイズは高さ97.7mm×幅133.1mm×厚さ16mm。ディスプレイは5インチのVGAカラータッチパネルで、8GバイトのHDDとminiSDメモリーカードスロットを搭載している。

 HTC P3600はキーボードを搭載しておらず、タッチスクリーンで操作を行うPDAスタイルの端末だ。OSにはWindows Mobile 5 日本語版を採用しており、重量は約150g。GPS機能を搭載して いるため、位置情報を利用したコンテンツを利用することができる。記録媒体はminiSDメモリーカードが利用可能だ。

 両機種とも現在開発中のため、詳細な仕様は変更される可能性があるとしている。

「HTC X7501」(左)「HTC P3600」(右) 「HTC X7501」(左)「HTC P3600」(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加