ジャスト、XBRL採用の金融庁EDINETパイロットプログラムにツールを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは7月9日、金融庁が7月から実施するEDINET再構築に伴うパイロット・プログラムのためのツールである「xfy XBRL EDINET対応版(試用版)」を同日からxfyサイトにおいて無償でダウンロード提供すると発表した。

 EDINETは、金融庁が2008年4月から本格稼働する「証券取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」で、XBRL(財務分野における標準データ形式)を採用している。この新システムへの円滑な移行、上場企業のXBRL形式による開示書類の作成と提出環境の整備に向け、操作手順の確認などを目的とした実証実験であるパイロット・プログラムを実施する。

 ジャストシステムは、XBRLの普及と企業への導入促進を支援するため、このパイロット・プログラムに協力し、XMLアプリケーションプラットフォーム「xfy」にXBRLを処理する機能を搭載したツール「xfy XBRL EDINET対応版(試用版)」を無償でダウンロード提供する。

 このツールは、PCで動作しタクソノミ(項目や構成などを定義する標準分類辞書、財務報告の電子的雛型)やインスタンス(タグによって定義づけされたXML文章、財務報告内容そのもの)の作成が容易に行えるもの。貸借対照表や損益計算書など開示書類の作成に必要なバリデーション機能(XBRLデータの検証機能)も装備する。ウィザード形式によるメニュー体系を採用し、ガイダンスやチュートリアルを用意するなど分かりやすい操作性を実現している。

 ジャストシステムは、日本だけでなく欧米・アジア各国で急速に採用が広がっているXBRLの普及に貢献し、多くの企業における財務関連業務の効率化の実現に向けた、財務情報を高度に活用できるシステムやソリューションの提案を今後も積極的に行っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加