期間も重要な「機能」、サポート長期化の流れ携帯電話ソフトにも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「携帯電話ソフト」の市場が活気づいている。新端末は続々と登場している が携帯電話だが、いざ新端末に買い替えるとなると、必要になるのがアドレス 帳や写真などのデータなどの引っ越し。こうした作業はショップに頼めば代行 してくれることが多いが、必要最低限のデータ移行のみ、という場合がほとん ど。そこで活躍するのが携帯電話ソフトだ。最新動向を「BCNランキング」で 探った。

●ここでも人気「ZEROシリーズ」

 07年7月の第1週(7月2日‐7月8日)の販売本数シェアでは、シェア20.1%で ソースネクストが6月29日に発売した「携快電話ZERO 全キャリア用」が1位を 獲得。2位もシェア16.4%で同社の「携快電話ZERO FOMA/SoftBank 3G用」で、 発売からわずか10日で、1位・2位を「ZEROシリーズ」が独占した。3位にはシ ェア12.6%でジャングル「携帯マスターNX2 NTTドコモ FOMA」(6月14日発売) が入った。

【図と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加