logo

無線LAN搭載で突入するカメラの「新世紀」、一体何が起きる?

FujiSankei Business i.2007年07月06日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンが4月25日に発売した「COOLPIX S50c」は、今流行の「全部入り」の コンパクトデジカメだ。薄型ボディに、「光学式手ブレ補正」「顔認識AF」 「ISO1600の高感度撮影」と、コンパクトデジタルカメラで必要とされている 機能が一通り盛り込まれている。さらに特徴的なのは無線LAN機能を内蔵して いること。カメラに無線LANを搭載すると、一体どんなことが起きるのか?  実際に使って体験してみた。

【写真と記事詳細はこちら】

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]