logo

人間型ロボ「プロメテ」、手先ますます器用に

FujiSankei Business i.2007年06月22日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒト型ロボットが進化。川田工業と産業技術総合研究所(産総研)、川崎重工業の3社が21日、人間と同じ作業環境で働く人間型ロボットの改良タイプ「プロメテ・マーク2」を報道陣に公開した。身長160センチ、体重68キロ(バッテリーを含む)で、2002年12月発表の初代「プロメテ」に比べ、手や手首の自由度(関節)を増し、電動工具の把持やボルトナットの作業動作ができる。

 過酷な実環境での利用を想定し、体内で生じる熱を排出しながら防じん・防滴性を維持する機能も追加。高効率な駆動機構を新規に開発したことで、歩行時間を従来比2倍の2時間に延ばした。

 デザインは初代と同じアニメーション「パトレイバー」などのメカデザイナー、出渕裕氏が担当した。

プロメテ・マーク2 人間型ロボットの改良タイプ「プロメテ・マーク2」

-PR-企画特集