アイ・オー、Advanced/W-ZERO3[es]向け周辺機器を発表--GPSレシーバーなど3製品

エースラッシュ2007年06月07日 18時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は6月7日、「Advanced/W-ZERO3[es]」に対応したGPSレシーバー等の周辺機器3製品を発表した。

 Advanced/W-ZERO3[es]は、7月中旬に発売が予定されているウィルコムのWindows Mobile端末だ。今回発表されたのはAdvanced/W-ZERO3[es]に対応する周辺機器で、GPSレシーバー「USBGPS2/WS」と、USB変換フレキシブルコネクタ「USB2-C2」、USBシリアル変換アダプタ「USB-RSAQ5/WS」」の3製品となる。

USBGPS2/WS 「USBGPS2/WS」

 USBGPS2/WSは、Advanced/W-ZERO3[es]にプリインストールされているナビゲーションソフト「NAVITIME」と連動して、音声によるルートナビゲーションを行うGPSレシーバーだ。GPSのエンジンには、サーフ社製の「STAR III」を採用する。

 USB2-C2は端末本体のUSB miniAコネクタを一般的なUSB Aコネクタに変換するコネクタだ。USB-RSAQ5/WSは同じく端末のUSB miniAコネクタをRS-232Cコネクタに変換する。これらを利用することで、一般的なUSB機器やシリアル接続によるバーコードリーダーの利用が可能になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加