logo

ウェブルート、“詐欺的”セキュリティソフトの日本語版を発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブルート・ソフトウェアは5月24日、詐欺的セキュリティソフト「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版を発見したと発表した。

 WinAntiVirusPro 2007は、実際にはセキュリティ対策機能を持たない、詐欺的なセキュリティソフト。2006年から世界で確認されているが、この日本語版が発見された。インストールすると、ユーザーのPC内に実際に存在しないウイルスやスパイウェアなどの脅威を、あたかも検出されたようにみせかけ、表示する可能性がある。

 なお、このソフトにはアンインストール機能があるため、誤ってインストールした場合でも削除することができる。ウェブルートではこのソフトの危険性は低いとしながらも、誤って購入しないよう注意を呼びかけている。

-PR-企画特集