logo

ハンディGPS端末の実力は? 大台ケ原山登山で試した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 風薫る5月。すがすがしい気候に誘われて海や山などアウトドアレジャーを 楽しむ方も多いだろう。外で活動する際に面白くて役に立つデジタルグッズと いえばハンディタイプのGPS端末。そこで、ガーミン製の端末を大台ケ原山の 登山に持参。実力を試した。

●4つの衛星で測位すれば高度もわかる

 GPSとは「Global Positioning System」の略。カーナビゲーションだけでな く、最近では携帯電話やPDA(携帯情報端末)などにも搭載されているので、 馴染みのある方も多いだろう。複数の衛星が発する電波が地上の端末に届くま でにかかった時間で、衛星と端末の距離を認識。3つの衛星から距離が測定で きれば地球上のどの位置にいるのかがわかる、というしくみだ。さらに、4つ の衛星で距離を測定すれば高度も割り出せる。

【写真と記事詳細はこちら】

-PR-企画特集