「エヴァ」制作のガイナックス取締役、mixi騒動で辞任

永井美智子(編集部)2007年04月27日 15時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アニメーション制作会社のガイナックスで取締役を務める赤井孝美氏が4月27日、辞任を発表した。ソーシャルネットワーキングサービス「mixi」上での発言の責任を取ったもの。

 赤井氏はmixiの日記において、ガイナックスのほかの社員とともに2ちゃんねるのユーザーに対して侮辱的な発言をしたとして、2ちゃんねる上で議論を呼んでいた。今回の辞任はこの騒動の責任をとったものという。

 赤井氏は「いずれも視聴者全般を侮辱したり、2ちゃんねる掲示板そのものを貶める意図はありませんでしたが、結果として多くの方に不快な思いをさせ、心を傷つけた事実は重く、弁解の余地はありません。また、mixi日記が会員制とはいえウェブ上に公開されているメディアであるという意識が欠如していました。この点も軽率であるとのそしりを免れません」と話している。

 赤井氏はアニメ「天元突破グレンラガン」のアニメーションプロデューサーも務めていたが、これについても辞任している。4月29日放映予定の第5話からクレジットも外すという。

 今回の件について、ガイナックス広報では「赤井のコメントがすべて」として、コメントを避けている。

 ガイナックスはアニメの企画、制作をしており、代表作には「新世紀エヴァンゲリオン」「ふしぎの海のナディア」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加