logo

IPA、ゴールデンウィーク前のセキュリティ対策を呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は4月25日、ゴールデンウィーク前のセキュリティ対策事項をまとめ、「ゴールデンウィーク前にセキュリティ対策の確認を」としてサイト上で公開した。

 対策事項はシステム管理者、休暇中に企業でPCを使用するユーザー、個人ユーザーに分けて公開されており、それぞれ要点がまとめられている。システム管理者向けには、「不測の事態が発生したときの緊急連絡体制」「サーバの不必要なサービスの停止」「休暇中に使用しないサーバやPCの電源を切る」「休暇前に業務用の PC やデータを組織外に持ち出す場合の管理」などが日常の対策以外に必要としている。

 休暇中に企業でPCを使用するユーザー、および個人ユーザー向けには、使用しているPCのOSやアプリケーションを最新のバージョンに更新し、セキュリティホールを解消しておくほか、ウイルス対策ソフトのパターンファイルを常に最新に更新することや、重要なデータのバックアップを取ることなどを呼びかけている。

-PR-企画特集