RSAセキュリティ、デジオンとデジタル家電向けソリューションで協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティ(山野修社長)とデジオン(田浦寿敏社長)は、デジタル 家電向けソリューションで協業すると発表した。デジタル放送やデジタル家電 用のインターネット・コンテンツやサービス分野で、コンテンツの暗号化や個 人認証-課金までの総合的なセキュリティサービスや対応機器の開発を支援す る。

 今回の協業で、PC向けDRM(デジタル著作権管理技術)の「Windows Media DRM」、IP-TV/IP-STB向けの「Marlin DRM」などに対応するデジオンのホームネ ットワーク向けミドルウェア・ソリューション「DiXiM」とRSAセキュリティの 暗号化ツール「RSA BSAFEセキュリティエンジン」を組みあわせ家電メーカー などに提供する。

 両社のソリューションを利用することで、デジタル家電メーカーは高いセキ ュリティ機能を備えるインターネットサービスやホームネットワーク対応機器 が短期間で開発できるという。ホームネットワーク対応機器ではデジタルテレ ビ用ネットワークサービス対応の薄型テレビをはじめ、ネット対応のレコーダー やセットトップボックスといった機器での利用を見込む。

 今後は、両社でデジタル家電メーカーに同ソリューションを紹介、共同で販 売・プロモーションを実施していく計画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加