logo

ノイキャンヘッドフォンは進化する--ソニー「MDR-NC60」

直枝優樹(D☆FUNK)2007年04月02日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
内容:ヘッドフォン市場で現在一番の注目ジャンルが、周囲の騒音を低減するノイズキャンセルタイプだ。通勤や通学時など、騒音を感じる場所でも、静かな部屋で音楽を聴くように使えることから、今やヘッドフォンのスタンダードモデルとなりつつある。電車の中でも音量を上げずに楽しめるので、周囲に迷惑をかけることもない。今回はワイヤレスタイプ、サラウンドタイプなど、様々なモデルをリリースする、人気のヘッドフォンブランド、ソニー「MDR-NC60」を検証する。

2種類のヘッドフォンケーブル同梱でシチュエーション別に使いこなす

 ノイズキャンセルヘッドフォンとは、その名の通り、周囲の騒音を低減してくれるヘッドフォンだ。通勤、通学時など騒音を感じる場所でも普段と同じ音量で楽しめるため、現在ヘッドフォン市場の中でも絶大な人気を得ている。そのためか、今やノイズキャンセルヘッドフォンも様々なモデルがラインアップしている。

 まずは同梱品から見ていこう。ヘッドフォン本体、ヘッドフォンケーブル、飛行機の機内放送を楽しむためのアダプター、ヘッドフォンプラグ、キャリングケースなどがセットされる。

 ヘッドフォンのケーブルは外しても使える。仕事や勉強に集中したい場合や、飛行機で眠る時などは邪魔なケーブルを外し、ノイズキャンセル機能だけを使用してもよい。電車の中で、人の鞄などにケーブルが引っかかっても、すぐに外れるので、ケーブルの断線を防いでもくれる。

 ヘッドフォンケーブルは、1.5mと0.5mの2タイプを用意する。デジタルプレーヤーを鞄の中に入れている時は1.5m、胸ポケットに入れている時は0.5mと、シチュエーションに応じてケーブルの長さを選べるのがうれしい。

  • 同梱品は、ヘッドフォン本体、2種類の長さの異なるケーブル、航空機用のアダプタ、オーディオ機器用のヘッドフォンアダプタ、キャリングケースなど

  • ヘッドフォンケーブルは取り外しが可能

  • 1.5m、0.5mと2種類の長さのヘッドフォンケーブルが付属する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集