logo

任天堂の宮本茂氏、GDCで基調講演--ゲーム開発には「バランス」と「リスク」必要 - (page 3)

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年03月09日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wiiに関しても同様である。

 「Wiiほど(大きな)リスクを背負ったことはなかった」と宮本氏は述べた。「20年もの間、両手を使ってゲームをしてきたし、両手で持つコントローラを開発してきた。それをやめてしまっていいのか?」(宮本氏)。

 しかしWiiリモコンは、片手での使用を可能とした。ただしアクセサリである「ヌンチャクコントローラ」を使えば、両手で操作することになり、一部のWiiゲームではこれが必須となっている。

 同氏のビジョンにおける次の主要な要素は、コミュニケーションであるという。

 これは、ゲーム中のプレーヤーの気持ちを分かるようにすることも意味する。

 宮本氏にとって最も大切なのは、プレーヤーがどれだけ楽しそうにプレーしているかである。新たなユーザー層を獲得しようとする任天堂にとって、これは特に重要である。

 「あなたがた開発者に必要なのは、新しい分野へのチャレンジだ。そして、ゲームをしない人たちの興味をどれだけ集められるかを考えることだ」と同氏は述べた。

 同氏は、同氏のゲーム設計ビジョンの残り2つの要素として「優先度付け」と「ねばり強さ」についても語った。

 同氏は「Wiiスポーツ」のベースボールを開発する際も、任天堂では複雑なキャラクターやエレメント作りをあきらめざるを得なかったという。その代わり、投球と打球のみで試合が運ぶようにフォーカスし、初めての人もすぐになじめるようにした。

 同氏はまた、新しいユーザーに受け入れられる、成功するゲームをデザインするためには、オープンなマインドをもつ必要があると述べた。

 「今日の一番伝えたかったメッセージは、クリエイティブなビジョンをもつことは、ゲームデザインにおける1つの要素であるどころか、ゲームデザインの本質なのだということだ」と宮本氏は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]