logo

モバイル動画広告を見てポイントをゲット--電通の特許を使った実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーエー・モバイル(CAモバイル)は2月28日、電通、サイバー・コミュニケーションズ(cci)とともに、ポイント付与型モバイルCMの実証実験を開始する。

 CAモバイルが運営するモバイルポータルサイト「ixen(イクセン)」上に設置された「ixenムービー」コーナーにおいて動画広告を視聴し、アンケートに答えたユーザーにixenポイント「Berry(ベリー)」を付与する。CAモバイルの新サービスとなるixenは、モバイルユーザー向けの総合ポータルサイトで、モバイル検索のほか、ニュースや天気、占い、ゲーム、着メロ、オークション、アバター、地図といった情報や機能を、無料で提供。Berryポイントは着うたのダウンロードなどに利用できる。

 今回の実験では、電通が開発し、日本で特許を取得している「オファー型広告システム」を活用する。オファー型広告システムはユーザーの端末に広告を表示するかどうかを選択する画面を表示し、視聴された数に応じて視聴への対価を変動させるシステム。ユーザーは提示された対価に納得した場合のみ視聴するため、満足度が高まると電通では説明している。

 KDDIのWIN端末(一部機種を除く)を対象に実験を開始。ポイント付与型モバイルCMの広告効果を、ユーザーの視聴動向や反応を見ながら効果を検証する。

-PR-企画特集