logo

ターボリナックス、自分のPC環境を携帯できるUSBデバイス「wizpy」を出荷開始

ニューズフロント2007年02月23日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは2月23日、自分のPC環境をOSごと携帯できる新ハードウェア「wizpy(ウィズピー)」を出荷開始した。重さ50gほどの小型USBデバイスで、自分のTurbolinux OSを持ち運び、外出先のPCに接続して起動できる。

 23日現在、同社の直販サイトでは初回限定版が完売となり、3月9日に発売する通常版4Gバイトモデルの予約を受け付けている。通常版の価格は3万3800円。

wizpy wizpy4Gバイト版。カラーはホワイトとブラックを用意する

 wizpyの大きさは高さ84mm×幅42mm×奥行12mm。OSのほかFireFox、OpenOffice.orgといったアプリケーションソフトを搭載する。各ソフトで作成、受信したデータはwizpyの未使用領域に保存可能。単体でのメディアプレーヤ機能により保存した動画、音楽を視聴できるほか、FMラジオやボイスレコーダとしても使える。

 

 なおターボリナックスでは同日より、wizpyの公式サイト「wizpy Club」で各種の会員制サービスを開始した。wizpyのデータを最大500Mバイトまでアップロードし、ほかの会員と共有できるネットワークストレージやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に加え、wizpyのアップデートデータ、プラグインを提供する。

 また同サイトでは今後、ユーザーが、wizpyに任意のアプリケーションソフトを追加するための開発キットを公開する。3月17日に開催される「Open Source Conference 2007 Tokyo/Spring 」で詳細を発表したあと、wizpy Clubに掲載する予定。

-PR-企画特集