ペンタックス、手ブレ補正機能を強化したコンパクトデジタルカメラなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペンタックス(浦野文男社長)は2月22日、コンパクトデジタルカメラ「Opt io(オプティオ)」シリーズで、有効1000万画素で手ブレ補正機能を強化した 「ペンタックス オプティオ A30」と、水深3mで連続2時間の水中撮影が可能な 「ペンタックス オプティオ W30」を3月中旬に発売すると発表した。価格はオ ープンで、実勢価格は「A30」が4万円台前半、「W30」が4万円前後の見込み。

 「ペンタックス オプティオ A30」は、有効1000万画素のCCDを備え、光学3 倍ズームレンズを搭載する上位モデル。焦点距離は35ミリフィルムカメラ換算 で38mm-114mm相当。最高感度を従来機種のISO1600からISO3200に高め、新たに 高精度ジャイロセンサーと同社のデジタル一眼レフカメラで使用する技術を応 用した制御アルゴリズムを取り入れるなど、手ブレ補正機能を強化した。

 記録媒体はSDメモリカード、SDHCメモリカードを採用し、約22MBのメモリも 内蔵する。電源は専用の充電式リチウムイオンバッテリー。サイズは幅89.5×高さ57.5×奥行き23.5mmで、電池とカードを除く重さは130g。

 一方、「ペンタックス オプティオ W30」は、防水・防塵設計が特徴。外装 に採用した金属性の前後カバーや内部構造の改良で防水性能を強化し、水中で の撮影可能な時間を、従来の水深1.5mで連続30分から、水深3mで連続2時間ま でに強化した。有効710万画素のCCDと、35ミリフィルムカメラ換算で38mm-114mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載する。

 記録媒体はSDメモリカード、SDHCメモリカードを採用し、約21.9MBのメモリ も内蔵。電源は専用の充電式リチウムイオンバッテリー。サイズは幅107.5×高さ54×奥行き23.5mmで、電池とカードを除く重さは140g。カラーはシルバ ー、ブルー、ピンクの3色。

 また、デジタル一眼レフカメラ専用の交換レンズ「smc PENTAX-DA★(スター )」シリーズ2機種も近日中に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢 価格はいずれも12万円台後半の見込み。

 非球面レンズや特殊光学ガラス、独自のレンズコーティング技術など高度な テクノロジー装備し、画像周辺部までくっきりとした描写が可能。内部に搭載 する超音波モーターによって、静かで滑らかなオートフォーカスを実現する 「SDM」機構を新たに採用する。

 「smc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8ED AL[IF]SDM」は、超広角域から中望遠域 をカバーする約3.1倍ズームレンズ。焦点距離は35ミリフィルムカメラ換算で2 4.5-76.5mm相当。「smc PENTAX-DA★ 50-135mm F2.8ED [IF]SDM」は、2.7倍の 望遠ズームレンズ。焦点距離は35ミリフィルムカメラ換算で76.5-207mm相当。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加