logo

エアコンの購入、検討手段はネットよりカタログ--エルゴ・ブレインズとリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エルゴ・ブレインズは5月9日、「エアコンの購入に関する調査」をリックの家電専門誌「IT&家電ビジネス」の編集部と共同で実施、結果を発表した。

 発表によると、今後エアコンの購入および検討意向について「買い替えを検討中(14.2%)」と「買い増しを検討中(8.4%)」「初めて購入を検討中(1.5%)」を合わせた「検討中」と回答した人は24.1だった。

 検討中の人を対象に、エアコンを検討する際に気にすることを聞いたところ、「価格(78.6%)」が最も高く、次いで「省エネ(電気代)(74.1%)」「フィルターお掃除機能の有無(36.1%)」と続いた。

 エアコンの機種を購入および検討する方法としては、「量販店などのエアコン取扱い店でカタログを収集(46.2%)」が最も多く、次いで「製品の比較サイトや口コミサイトを閲覧(17.7%)」「購入前には検討せず、店頭で販売員のアドバイスやお薦めで決める(17.7%)」「インターネットでメーカーサイトを閲覧(16.2%)」の順となっている。

 調査は2008年4月11〜16日、エルゴ・ブレインズが運営するターゲットリサーチパネルを対象に実施したもの。有効回答数は1102人。

-PR-企画特集